読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女は50を過ぎてはじめておもしろくなる〜A woman does not become interesting until she is over 50〜

勉強もスポーツもがんばらず何となく生きてきた20代、心構えもなく何となく30代で結婚し、40代で何となく人生のアクがでて、50才を迎えて今。このままでいいのか、もうおそいのか、迷える50のばばあが一発奮起して自分を変える旅にでた。せまりくる老いと闘いながら、日々考えることを書きながら自分とむきあっていくブログです。

いろいろのっかれない。

雑談

現役合格あたりまえの時代に

二浪で受験した大学は

一校のみ。

 

 

ていう

なんていうか、こうも

世の中の流れにのっからない

逆行する勇気を

ある意味ほめてほしい

うちの家族。

 

 

性格はちがうけど

そこだけは

そうだ、そうだ|( ̄3 ̄)|

他人なんかきにすんなーって

一致してる夫婦だから

 

 

こどもはたまったもんじゃない。

どうがんばったって

世の中に出て行ったときに

アタマぶつけてしまうかも

しれないですが。

 

 

それでも、ワタシはやっぱり

こういうもんだっておもってることでも

そうじゃないって思ったら

やるべきじゃないって

こどもに言ってます。

 

 

大学も決まったということで

いそいそと入学式の

スーツを買いに行ったときのこと。

 

 

もう、待ってましたとばかりに

就活のためのスーツが

ずらり。

就活スーツと入学式のスーツが

どうちがうかってことは

もう、どうでもいいんで

チラチラ、長女と物色してたら

若造くんの店員が近づいてきた。

 

 

「就活ですか?」

「あー、いえいえ入学式のスーツを、」

「ああ!(^o^)/おめでとうございまーす」

「(¬_¬)あ、あ、はははは。ドーモ」

「おすすめは、これですね!」

 

まだ、なーんにも言ってないのに

おすすめされて

おすすめ理由を聞いてみたら

色が違うらしい。

ていうか、黒が濃くって

いいらしい。

 

 

ん?黒が濃い?

( ̄◇ ̄;)

で、それがなにか?

 

 

みたい会話がかみあわなくなったんで

ツッコミを専門としてる

ワタシは

さっそく、若造くんにつっこむ。

 

 

「色が濃いっていうのはなにが、、、???」

 

若造くん、得意げにこういった。

つまり、つまり

就活でもこのスーツを着た場合

集団面接で、ズラリと他の

大学生と並んだときに

色が濃いスーツが、やはりいいですよ

ってこと。

 

 

たぶん、うちじゃなかったら

そーねー、〇〇ちゃん、やっぱり

面接官には、濃いスーツがねーーー。

とかなるんだろうけど

相手が悪かったね。

 

 

濃いスーツ?

はあ?

 

 

じゃあ、なに

面接官は、態度やなんやじゃなくて

ああ、この子は濃い色のスーツだから

ちゃんとしてるじゃないか!って

内定くれるわけかい?

(や〇ざのばばあ)

 

 

そんな会社、そもそあかんやろがああーーΣ(-᷅_-᷄๑)

 

 

とはいわなかったけど

とりあえず、新卒に毛が一本くらいの

店員に

言ってもしょうがないので

スルーしてたら

 

 

「あのー、パンツのひざ下のラインは

   大事なんです!」

 

と、いってきた。

 

 

たしかに、そうだけど

またそれも、面接官の心象にからめるか

っておもったら

やっぱりからめてきて

半永久的にラインがピシッとなる

有料のサービスを勧めてきた。

 

 

あんたがオッサン店員だったら

ブチギレたけど

なんせ、新卒に毛が生えてるくらいだから

おばちゃん、弱いものいじめは

ポリシー反するからしないよ。

 

 

これまた、スルー。

 

 

けっきょく、試着してる長女もさっぱり

わからないから

ほとんどワタシの独断で

濃くない方の海外物の

スーツの三点セットに

きまりました。

 

 

若造のセールス作戦は

もろくもコッパミジンにくだけて

ちょっとガックリうなだれながら

お会計してくれて

 

 

レジのところにいくと

なぜか、レジの台に靴下の山。

 

 

お客が来るとこに、なんだろ?

かたずけてないなんてと

けげんにみてたら

 

「あ、靴下はどうですか?」

 

と、元気がない声で

靴下のセールス。

よくみると、一足10円てかいてあるし。

 

 

「おやすいですよー。」

 

と、若造くんさっきのセールストーク

半分の声でのセールス。

 

 

全然欲しくなかったけど

さすがにこの声に気の毒になって

いらない靴下を3足、30円買った。

 

 

まあ、彼の努力の甲斐もなく

すべて拒否したんだから

30円はセールス努力をみとめて

これからもガンバレっていう

おばちゃんのき・も・ちですよー。

(それより、スーツ買って)

 

 

 

お買いもの事情。

雑談

さて

静かなひとり時間をどう過ごそうか。

 

 

さいきん、集中して

書きたいときになかなか

書けなくて、ストレスに なりつつあったんで

よっしゃーー、

ブログ100連発ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

 

 

うそ。

 

 

この春にはいろいろ

トライしようと

計画をもくろんでるワタシ。

 

 

50歳を過ぎて

気持ちはまだまだ、やる気なのに

カラダのあちこちに

不具合ができて

無視して通りすぎるわけにも

いかず

はいよ、って感じで

その、不具合ともおつきあいしながら

過ごしてる日々。

 

 

春がくるっていうのに

うつうつとネットショッピング

してたら

高額スニーカーを買ってしまった|( ̄3 ̄)|

 

 

もちろん、家族にはナイショ。

親戚にもらったってことで

ドキドキしながら

高額スニーカー履いてるばばあ。

 

 

下着からコートまで

最近は、興味がなくなったとまでは

いかないけど

働いてもないし

家着的な楽チンなものしか

着てないし

しまむらやジーユーに行って買っても

なんていうか。

ドキドキ感がなかったなーと

思い返した。

 

 

ドキドキ感っていうと

恋愛感情とおもいがちですが

はじめて行く街とか

はじめて会う人、はじめての体験もそうだし

いろいろと

ワクワクすることが大好きなもんで

それも、ご縁がない毎日で

高額スニーカーに手をだしたのかもしれない。

 

 

膝の関節が、靴底がうすいのを

はいて歩くと

けっこう痛みがくることがあって

こりゃ、靴底の厚いスニーカーがいるな

ってはおもってたんだけどね。

 

 

それにしては、ちょっとお高いのを

買ってしまいました(反省ザル。うっきーきー)

 

 

はくたびに

高い靴、高い靴って思うから

ドキドキして

なんだか、近所に買い物に行くだけなのに

挙動不審ぎみ。

 

 

お座敷って通されたら

入り口に脱ぐときは

どうするか。

 

 

うーーん、ちょっと心配。

 

 

いやいや、ここでなくならないだろ。

 

 

とも言い切れないし。

なんてたって、高額スニーカーだし。

 

 

いっそのこと持ってはいるか?

 

 

いや、それはもっと変だろ。

 

 

スニーカー専用の

シューズバッグ持参。

 

 

こわ。

 

 

とか

家にいてはいてないときも

もう、スニーカーことで

あたまがいっぱい。

 

 

なんてヒマ。

そして、あほ。

 

 

 

 

ひとりの夜。

雑談

なんと

こんなことって

めったにないんだけど

 

 

いま、おこたでひとりです( ̄ー ̄)

(正確にはコタツに1匹)

 

 

わーいわーいわーーーい♪( ´θ`)

 

 

テレビもつけてない

しーーーん、ってした

夜のひとときって

なんだか、ちょー新鮮です。

 

 

専業主婦人生では

家が職場でもあり(そんなに家事してないだろ)

家族のために、日夜努力を

積み重ね(だれ?だれが?)

 

ふーーーーっと、

1日がおわって、ひと息。

(しっかり昼寝してるから、さえまくってる時間)

 

 

こんなふうに

ひとり時間はめったにないんだけど

なんだか、いいわー。

 

 

オットは仕事で疲れて

早々とふとんに

 

ムスメらも

なぜだか部屋に。

 

 

音がない世界を

たのしんでるばばあです。

冬のおわりの確認。

公園

さむい。

朝晩の冷えかたは

ほんとうに3月か!

毎日つぶやいてます。

(いや、さわいでる。ゼッタイ)

 

 

 

12月になると

あーー、また寒い冬が来るって

ゆううつになりながらも

せわしなくすぎてしまって

1月2月は、これまたさっさと

去ってゆき

でも、きっとその間

カラダは知らないところで

冬に耐えて、がんばってるんだと

おもう( ̄^ ̄)

 

 

そして、耐えに耐えて

3月になり

あーー、やっとはるがくるううう

ていう期待感があるぶん、

こう寒いとうらぎられた感じが

するのはワタシだけなのか。

 

 

話題の店に食べにいくと

値段のわりに

美味しくなくて

そのうえ、店員が無表情とか

 

 

いい天気だから

自転車で遠出したら

にわか雨でズブズブに

ぬれたとか

 

 

期待したぶん

がっくりくる

期待のない真冬の方が

まだマシってはなしです。

 

 

 

 

この3月の寒さは

密かにかげながらたえてくれてた

もうひとりのワタシが

もういなくなってしまった結果

 

 

さむさむささむうううううううう。。。。。

 

 

みたいに

たえられなくなってるんじゃない?

そうよ、そうよ|( ̄3 ̄)|

きっと、そうにちがいないわー。

(完全ノイローゼ)

 

 

というわけで

春先ににわかに町でみかける

おかしな人にならないために

陽に当たりに公園にきました。

(そうしろ、そうしろ)

 

f:id:jiji51h2:20170318130727j:image

f:id:jiji51h2:20170318130736j:image

 

まだまだ冬枯れな風景だけど

早咲のサクラに

ほっこり。

 

お、自分をとりもどしました( ̄^ ̄)ゞ

 

 

あー、あぶなかった。

 

 

連休ってこともあって

土曜日にしては人はまばらです。

 

 

コンビニでコーヒー買って

すみっこのベンチを確保して

ふっとみたら

 

f:id:jiji51h2:20170318131012j:image

 

テーブルのかたすみに

なにかが。

 

だれかが集めた

時間がたってホコリかぶったどんぐり。

 

 

(^_^)

 

 

もう、春ですな。

 

 

かくにんしました。

 

 

チャリ人恐怖。

雑談

最近は徳をえた

ぼうさんのように

おだやかな日常だったんだけど

 

 

この前、いつもの道を

ちゃりで買い物にいくとき

 

な、なぬううううーーー( ̄^ ̄)

 

ていうもの発見。

 

 

なにかっていうと

車がボンボン走る幹線道路の

ガードレールよりに

自転車走行してるひと、みたいな

白く書かれた図。

 

 

はいはい。

いつの間にか勝手に書いてた。

いや、書かれてたって気がして

 

 

現実的に、ガードレールがあっても

ちょっと怖さを感じるくらい

ビュンビュンとばしてる

道路の端を

ただ、細長い自転車のオッさんの

絵だけ勝手に書いて

 

ここ、走ってね。

 

 

みたいなのって

どうよ( ̄^ ̄)

 

 

いや、ムリだし。

と、無視して歩道の端っこを

自転車でいつものように

通ってましたよ。

 

 

で、数日後

 

 

また、何やら見知らぬ表示が

横断歩道渡って歩道に入る

角の電柱に

 

 

自転車は自転車道

走りましょー

by ケイサツより

 

 

て念押されてました。

 

 

普段の生活で

いちおー、いわれたことは

守って生きてきてるけど

これだけは、ムリ。

 

 

ムリムリムリムリムリムリ。

いやーー、この道路側の道にでて

走るって

ちょっとしたアトラクション乗る

覚悟よりきついでしょー。

 

 

アトラクションは生きて戻れるけど

この道路でたら

もどれないかもだからね。

 

 

細長いチャリオヤジの

絵だけでは、勇気でないし。

それに、すぐ前方には

路上駐車した配達のクルマが

停まってて

そのクルマ避けたら

 

 

ひえええええええ、

もう、クルマが走ってるところと

ほぼ同じところを

走れってことかよ?

 

 

怒りっていうより

呆れですがね。

 

 

それより、路駐のクルマとか

もうすっかり自転車のルール

忘れてるみたいな

傘さし自転車や

スマホやイヤホンの

自転車いるけど

そっちはもういいんかい?

ばばあ、イラついてるわけですよ。

 

 

身分証明書の免許証しか

もっていないワタシにとって

チャリは生活の一部で

これがないと、困る。

 

 

チャリ人生、いや、チャリ人の

われら(だれよ?)は

チャリ生活を、おびやかされてる

わけですよ。

 

 

今のところ

道路側を走ろうという

勇者はいないけど

ここはキツくしないでしょーって

いうところを

こうされるとね。

 

 

どうなのよ。

 

 

サクラ、咲きました。

ファミリー

なんとか、合格ゲット。

 

 

ふううーーーー。

ワタシは何にもやってないけどね。

 

 

長い長い、浪人のトンネルから

ぬけでた長女は

まだ、外の明るさに

目がついてってないか、って

かんじです。

 

 

ところで

 

 

毎日のそうじって

どうなのよ?

 

 

前にもふれたかもしれないけど

ほんと、掃除ギライなワタシです。

 

 

れいにしても

いっしゅんじゃん|( ̄3 ̄)|

 

 

ふううーーって

おわって、ほっとしてる間に

夕方には、髪の毛、パンくず

猫のトイレの砂。

 

 

はあああああ。

 

 

何がいやだって

その努力が実るのは

いっしゅんだってことと

 

 

ほぼ、感謝はなく

汚いときだけ注意され

だからって、いつもピカピカに

してたって

それがあたりまえだから

生活に浸透して

やっぱり感謝されず。

 

 

感謝されたいわけじゃないけど

ご飯なら

「おいしいー!」って結果発表が

あったりするのに

掃除はなんもない、自己満足だけの

世界で

手間と労力がかかるわりに

成果がはっきりとでてない気がする。

(掃除にもとめすぎ)

 

 

いわゆる、成果があっての

やるきではないか( ̄^ ̄)ゞ

(つまり、なんやかんや、めんどくさいだけ)

 

 

家事は主婦の無償の仕事で

つねにヤル気を自分でおこさないと

いけない

つら〜〜い、つら〜〜い

ものなのよ(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

 

 

ワタシだけかもしれないけど

 

 

そんな掃除キライな

ワタシにとって

すっごいものみつけました。

 

 

えー、洗い物も

手荒れをいいわけに

山のようになりがちだったんだけど

 

 

さいきん、自分を見直そう作戦で

まずはできてないとこの

努力ってことで

洗い物をためないように

してたんだけど

 

 

これもイマイチ、モチベーション

あがらないので

新兵器を導入することに

しました。

 

 

その名も、ピカピカさん!

だったかな?

 

 

スポンジだと、ガラスがくもって

れいにならないんで

この、粗めの化学繊維の

ピカピカさんを買ったら

めっちゃよかった。

 

 

ピカピカさんのおかげで

洗い物もほんのちょっと

好きになりかけてます。

(洗い物くらいやって)

 

 

そして、1代目ピカピカさんが

ボロボロさんになりかけてて

250円くらいなんだけど

おケチ精神で

老いたピカピカさんの

再利用を考えたワタシ。

 

 

やらねば、やらねばと

毎日うなされてた

お風呂掃除に、まさかの成果がでました!

 

 

かべのタイルの湯あかから

目地の黒カビくん(くんつけるな)も

ピカピカさんで拭くようにこすると

あら、みごと!(テレビショッピング調)

 

 

うわーー、すごーい!

奥さん、みてみて( ̄∇ ̄)

こんなにカンタンに

おちるんですよおおおおー。

 

 

てなぐあいで

お風呂掃除にもかつやくしました。

 

 

ピカッとさんみたいに

劇的な発見ていうか

効率の良さてきなことが

大切なんです|( ̄3 ̄)|

 

 

そういうもんなんてない。

雑談

反抗的なタイトルですが、

 

 

今日は長女、そう

二浪の浪人生、A子の

ウンメイの合格発表〜〜*\(^o^)/*

 

 

大丈夫だとは

ふんでますが

まさかの展開もあるあるな

試験なんで

わかりません。

 

 

こんなことはドラマティックな

展開にならなくて

いいんだけどね。

 

 

そもそも、自虐的に二浪って

言ってるのでは全然なくて

 

 

開き直ってるわけでもなくて

本人もなっとくの

二浪です。

 

 

まあ、二浪っていっただけで

なんだか気の毒そうに

扱われるんだけど

 

 

気の毒なんてさらさらなくて

20年もたってない

人生で

将来をトントン決められない

ことなんて

あたりまえだってことです。

 

 

うちでは2年間かけてたから

今の答えがでて

ばんばんざいって

いってます。

 

 

世間や同級生とか、学年とかを

気にしなければ

すーーーっとラクになるのに

まわりはみんな

苦しそうだなって

KYばばあ、思うんです。

 

 

二浪にもどんびかれるのに

受験を1つしかしない

つまるところ、

世の中の流れ

➡︎現役合格

 

わが家の決定

➡︎二浪で志望校はひとつ

 

 

という、わが道を行くっていう

話しをすると

誰も彼もが

ええ?!!

っと大声でおどろくから

やはり、流れには思いきり

逆らった選択してるのは

確かだなっておもう。

 

 

それがなにか?って話です。

 

 

二浪が気の毒なのか?

二浪した上で、一校しか受けなくて

落ちたら人生終わりなのか?

 

 

大人になったときに

そういうもんだって

親にいわれてたことが

ことごとく違ってるんだって

思って

それなら、まわりとちがってても

自分が納得した人生を

選んだ方がいいって思って

それを子供につたえてます。

 

 

なんてことしてくれたんだって

あとで子供にはいわれるかも

しれないけどね。

 

 

周りの流れにのって

後悔するより

自分が選んで失敗して

後悔する方が

誰のせいにもできずに

成長できるから

やっぱり子供たちには

自分で自分の人生を

決めて進んでほしいです。

 

 

そして、たくさんの失敗をして

命を保って生きていくこと

そのためには食べること、

食べるために働くこと

働くために学ぶこと

そういうもん、っていうんじゃなくて

そうすることの必要性を

感じていってほしいかな。

 

 

 

あ、えらそうに言っちゃって

ワタシ自身、なんもできてないんで。

 

 

そして、どーんといけみたいに

言ってますが

今朝、近所の神社に

こそこそ、5円玉握りしめて

お参りしてるんで(>人<;)

 

 

思いとうらはらな

ばばあです。

 

 

何が正解なのか

いちばんいい、選択なのか

そんなもんはないのに

探しつづける

迷える子育ての旅です。