女は50を過ぎてはじめておもしろくなる〜A woman does not become interesting until she is over 50〜

勉強もスポーツもがんばらず何となく生きてきた20代、心構えもなく何となく30代で結婚し、40代で何となく人生のアクがでて、50才を迎えて今。このままでいいのか、もうおそいのか、迷える50のばばあが一発奮起して自分を変える旅にでた。せまりくる老いと闘いながら、日々考えることを書きながら自分とむきあっていくブログです。

ハワイ愛、再燃。

ひとりの日曜の午後です。

雨ですな。それも

熱帯雨林のようなシッケ。

 

 

ううううううう。

 

 

おもだるこんな日は

ハワイが恋しいなあ。

というわけで、ひとりで

木梨目線のDVD観てます(・ω・)

 

 

日本とアメリカの真ん中にある

ハワイの島。

アメリカのものだけど

きっと、ハワイの人は日本人のほうが好きだと思うな。

ところどころに

日本があるし、ミックスはされてないけど

小さく日本が存在してるから

やはり、安心ね。

 

 

もちろん、アメリカンたちもいて、

今はフィリピンの人も多くて

韓国、中国っていう

ポリネシアンはどこいったんだって

いうはなしです。

 

 

20年前、30代でハワイに出会ってたら

もう、単身でなんも考えずに

ぶっ飛んで行ってたわ。

 

 

これがワタシのこわいところ。

 

 

実は、ハワイにここまで夢中になる前に

2回ほど行ってるんだけど

1度目はカウントダウンの

年末年始のありがちハワイで

ワイキキウロウロ、マウイの

観光っていう

どおってことはない旅行でした。

 

 

治安がいいから

安心して行ってきますっていう

海外旅行ビギナーな友人といったけど

今思えば

その友人はどう考えても

ハワイにはなじめないかんじだった。

 

 

泳げないし、日焼けはキライだし

向こうでも長そできてたし

時差で昼間はずっと

こっくり、こっくりしてたしね。

 

そして、夜はごそごそ

起きてたような。

 

 

ワタシにあわせてくれたのかも。

ハワイだって言ったのは

おそらくワタシは

だと思うし。

最後に日本についた時が

いちばん元気で

ニコニコしてたのが

印象的だったからd( ̄  ̄)

 

 

2回目は、今風邪で高熱出してる

オッさん(オット)と

何を勘違いしたのか

ホノルルマラソンに参加しようっていう

ツアーで

当然、練習なんか近所の公園で

10キロ走ったくらいで

参加する無謀でアホなバカップルは

これも、当然の結果がまっていた。

 

 

4分の1くらいで、ワタシは歩きだし

肩でかぜきって、先いくで(`_´)ゞといった

オトコは、その直後、足をいためて

縁石で肩落として座ってるし。

 

 

けっきょく、2人でゼーゼー言いながら

歩いて7時間で完走。

走ってないし。

完走って言えるんかい|( ̄3 ̄)|

みたいな話です。

 

 

スケジュール盛りだくさんで

ほんとなら充実だろうけど

ハワイってそうやって

過ごしちゃいけなかった。

 

 

3回目に行ったのは

思わぬ時間とお金が入り

このタイミングで行くぜ!みたいに

オットがはりきってたので

すべてオットにまかせたら

なんと、大成功でした。

 

 

ノースショアにある

タートルベイホテルにずっと滞在して

ホテル内でだけウロウロしたり

部屋で持って行ったソーメン食べたり

あとで考えたら

本当になんもしてないのに

ずこーーんと心に残ってしまった。

 

 

たぶん、一緒に行ったのが

家族だったのと

ハワイではこうやって過ごすんだっていう

なんもしないで海や空をみてたのが

よかったんです。

 

 

この過ごしかたは

なかなか勇気がいるよ。

そりゃあ、あそこ行きたい、あれ見たい

食べたいってなるっしょ、ふつうはね。

 

 

まあ、この時だけは

オットに感謝した(・Д・)ノ

 

タートルベイホテルは

そこ以外に行くところもなくって

あとで、シュリンプやシェイブアイスのこと

を知ったくらいだったんで

結果的には

知らなくてよかったってとこです。

 

 

ぜひ、ハワイに行ったら

勇気をだして

何にもしないことに

トライしてみてほしいです。

 

 

そして、そして

近いうちにまた

行きてーーーー、ハワイε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

 

 

という

梅雨空の日曜の午後の

モウソウでした(・Д・)ノ

 

 

 

 

なぜか五木ひろし。

夢をみるっていうと

もわもわもわーーっと

ゆげが立って

空想の世界が広がるような

気がしてたから

 

 

いい夢みると

朝起きたときはすごーく気分よくて

ふわふわ1日を過ごせたもんです。

 

 

何でもかんでもわかりゃいいって

もんじゃないよ。

わからないからいいこともある。

 

 

最近では、ネットでさっさと調べたり

脳科学者っていうのが

あらわれて

 

なんだ、かんだ分析結果を

いうもんだから

夢っていうのも、実は

普段の生活でみたり聞いたりしたことが

パズルみたいにバラバラ

でてきてるだけだよーーん。

 

 

みたいにいうもんだから

ほんと、つまんない世の中です。

 

 

ていうか

どんどん、人間がつまんなくしてる(・Д・)ノ

子供が

「ねーねー、これなにーー?」

とかっていうと

「あ、ネットで見てみれば?」

と、オトナがこたえるのかな。

 

 

ワタシなんか、いまだに

頭のてっぺんから、足の先っちょまで

好奇心のかたまりなもんだから

興味がわくと

とっしんしてしまう。

しまいそうになるので、気をつけてます。

 

 

家族の方たちに

いっしょに出かけると、フイにいなくなる

のだけはやめれ、って厳重注意を

されてます。(あんた、いくつよ?)

 

 

なので、知らない街なんかにでかけると

 

んんんーーっっもももおおおおおーーー

ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

 

 

てなことになるんで

息を止めて歩いてる。

 

 

く、く、くるしいいいいい|( ̄3 ̄)|

(あほ。)

 

 

あ、ずいぶん話それましたけど。

 

 

昨日、五木ひろしの夢をみた。

しってる?五木ひろし

 

 

最近のワカモノはたぶん知らないと

おもいますが

ばばあ世代は、年末、紅白、ナントカ大賞

には、必ず五木ひろしはでてきたし、

みてた。

 

 

歌がうまいって言うけど

こえちっちゃくね?ってひそかに

思ったりして

それくらいのうすーい印象の彼の夢を

なぜ見たのかしりたい!

 

 

好奇心のかたまりってことは

好奇心がわかない対象には

おそろしいくらいそっけないんで

記憶にも残らなかったりするし

どこでみた?五木ひろし

 

 

どうしても、五木の謎をときたいので

あります。

 

 

だってだって

ワタシはずっと五木が好きで

なんと、結構するっていう設定だった。

 

 

そして、五木も

「昔からずっと好きだった」

 

 

きゃあああああああ(-.-;)y-~~~

はずいはずい

 

 

こんなセリフをはかれて

ほわーーーんとするばばあ。

 

気になってしかたがないので

なんとかそのナゾをとこうと

おもいます(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

(どーでもいい)

 

 

 

 

ミスターべたべた。

ワタシはむかしからですが

オンナっぽいわけでもなく

だからといって

オトコっぽいわけでもないような。

 

見た目じゃなくて

自分にしかわからない、その、

心のうちがありまして。

 

 

あ、、でも、オネエとかじゃないから。

 

 

オンナとして生きてるから

女どおしっていう世界も

いろいろと味わってきてます。

もちろん、いいっちゃーいいんだけど

問題は距離が近いことです。

 

 

女どおしって、どーしてあんなに

近ずくんだろ。

 

ちかい、ちかい、ちかい。

ワタシが距離をとりすぎてるのかも

しれないけど

キホン、近すぎるのはニガテです。

 

 

そんな距離のとりかたで

女子高時代は、ベタベタした

グループ内で気がついたら

1人になってたことがあった。

 

 

え?なんかしたワタシって

ずっと不思議だったけど

あれ、きっと距離のとりかたが

ちがってたんだと納得しましたd( ̄  ̄)

 

 

学年が変わって、クラス替えで

その人たち全員と離れて

別のグループになったときに

そのグループは、女子でありながら

距離をとる子が多くて

なんの問題も起こらなかった。

 

 

男女とわずですが

この、距離感って

じつは、じつは

生活なんかする相手だったら

いちばん大事じゃないかと

50年目に気づいた( ̄▽ ̄;)

(おそかった。。。。)

 

 

結婚のパートナーは

価値観なんてことをいうけど

価値観はそもそもちがうに決まってるし

ちがうから好きになるわけで

同じ価値観て

元の家族以外、いやいや

家族でもちがうかもしれないから

ワタシは、距離感だと思うね(・Д・)ノ

 

 

もっと、本能的なもの。

 

 

だから、オトコ同士はベタベタしないけど

べたべたされて嬉しいオトコと

べたべたすんな!っていうオトコで

ちがってくるし

生活する人としては

ここはとっても大事です。

 

 

ここまで書いてカンのいい方は

お気づきのかたもいるでしょー(・ω・)

 

 

はい、べたべたダイスキな

オットと暮らしてます。

 

 

べたべたが苦痛っていうのは

ゼイタクともとれるから

べたべたしたいのにできないっていう

ストレスも

実は気の毒かもしれないと

思いながら、暮らしてます。

 

 

もう、炊事、洗濯、掃除、片ずけ、べたべた。

 

みたいに、主婦のシゴトのひとつに

なってるからね。

 

 

そもそも、べたべたに

喜びもへったくれもないから

料理作って、うまーいとか

掃除して、スッキリ!とかの

じゅうじつしたものも

当然ない。

なので

脳もついつい忘れる。

(いい記憶しかのこらないからね、あんた)

 

 

 

何だか機嫌わるいなー( ̄O ̄;)

あ、わすれてた!あれね、あれだわ。

べたべたをおこたってた(。-_-。)

はいはい、きょうのべたべた。

 

 

結婚21年目。

おとうさん、きづいです。

(みねこ風)

 

 

 

 

これから結婚相手をみつける

参考にしてくださいませ。

おしり事情。

今日は気温もあがって暑くなるって。

 

でも、こうやって

朝からブログをかけるシアワセを

実感してます。

 

 

会社いってたら、

パートだってなんだって

こんな、自由に使える時間はない。

 

 

仕事があるっていうのは

生きていけるってことだから

ほんとうにシアワセなこと。

 

 

健康と仕事ですよ(・ω・)

ジンセイに不可欠なものは。

 

 

え?

じゃあ、あとはいいって話?

 

 

そうもいかないのが

 まだオンナとして生きてる

ばばあ事情です。

 

 

逆流性食道炎になるまで

これからは、太る、っていうか

ふっくらしよう宣言をしてた。

 

 

健康なデブをめざそうとしたのには

太ったばばあのほうが

ダンゼン、シアワセそうだなーって

思ったからです(^∇^)

 

 

やせたばばあと

ふとったばばあ。

 

 

さて、あなたならどっち?

 

 

ほんのひと握りの

キレイでやせたばばあをのぞけば

いいなーって思うのは

太ったばばあだとおもいました(。-_-。)

 

 

とにかく、やせるイコールきれい

みたいな時代はとっくに終わってて

(みんな気づいてない)

やせるイコール、あら、病気?みたいに

なってるからね、もう。

 

 

顔のハリも、やせてると

水分がないから

シワシワだし

ニノウデだって、ニワトリの首みたいに

たれさがってるし。

 

 

太ってる人は何だかハリツヤもいい。

ニノウデもたれさがりはあるけど

脂肪でよくわかんない。

そして、おおらかでてきとうで

明るい人が多いです(・Д・)ノ

 

 

なにより、努力してるばばあほど

ストレスになってるのか

キリキリしてて

がんばってやせたって、年を考えると

「あの人最近やせたけど、どっか悪いのかな?」

という健康をうたがわれる確率のほうが

高いし。

 

 

太ってる人は、すでにサトリを開いてるから

ストレスがないし

美味しいもん食べてるから、シアワセが

顔にでてていい感じになってる。

 

 

やせたって、ふとったって

ばばあという世界に突入している

現実を考えて

 

 

やせて不気味に思われるか

ふとって笑いとばされるかの

どっちがいいか、ってことです。

 

 

そして、いちばんの問題が

 

おしり

 

 

やせたからって、ストレッチの

ピターッとしたパンツを

おしり出してはいてる方、

気をつけよう。

 

 

おしりは、やせたって、なにしたって

だめ。

水分がぶっとんで、古くなった

ナスを思い出しましょう( ̄▽ ̄;)

 

 

ぎゃくに、やせた人ほど

おしり事情はキビシイような気がする。

 

 

オニクがなくて、ストレッチ効果も

あんまり意味なくて

だぶん、って下がっちゃった

古いなすび尻。

 

 

なんだか、そのなすびを見てるだけで

もの悲しくなるし

そこ、みてみて

なにかお忘れでは?って

言ってみたくなっちゃう。

 

 

あ、これ

おけつがデカイばばあの

ひがみともとれるけど

 

 

これからは

がんばってやせよーーじゃなくて

がんばってふとろーーだよ。

(特におしりを育てよう)

 

 

 

 

 

人生のどこでスイッチがきりかわったのか

やせることがいいことには

ならなくなった

ばばあ、おしり事情の

お話でしたd( ̄  ̄)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さとってるゆとり。

さて、週末です。

 

 

はやいなー、

もう6月だし

もう梅雨っていってるし

もう夏休みかよ|( ̄3 ̄)|

 

ちっ。

 

 

たっぷり妄想にひたる時間が

まったくなくて

心もカラカラです。

 

 

この前、何かの記事に

 

最近のワカモノ(ゆとり世代)は

しっかり休める会社を選び

実際に新入社員から有休をとる。

 

 

て書いてあったので

うちの『ゆとり』と『さとり』の

はざまで生きてきた

長女に聞いてみた。

 

 

ねーねー、こんなこと書いてあるけど

ちょっとねー。

いくらなんでも

空気読むよね〜。

 

 

というと

 

 

うーーーーーーーーーん。

いや、、、、、

ありかな。

 

 

 

どっひゃーーーーん、ですよヽ(;▽;)ノ

 

 

そりゃあ、ワタシも

自分勝手でワガママな性格を

社会に出たということで封印し

納得はできないけど

それなりに『オトナのルール』をこなして

社会人やってきたのに。

 

のに、こいつらって( ̄▽ ̄;)

 

 

ううううううーーー

う、う、う、う、う、

 

 

うらやましい。

(あ、そっち?)

 

 

キミたちが、時代が

うらやましいよ。

 

 

もしかしたら

キミたちがかた苦しいいろんな

ルールをかえてくれるかもしれない!

 

 

そう、正直にいっちゃうと

残業エライとか、飲み会ダイスキ

とか

うそだからね。

 

 

うそうそ。

早く帰って、ユルユル、ダラダラ

みんなしたかった。

 

 

でも、できない空気で会社はできてて

その空気吸わないと

生きていけなかったから

ムリヤリすってました。

 

 

そうか、

キミたちは、ちがう空気が入ってる

ボンベをもちこんでるんだなー。

 

 

さらさら、そんな空気を

吸う気がない。

 

 

けっきょく、そんなめんどくさい

空気すってても

仕事やり方には、さして影響はないし

かえって時間的、精神的なムダが

あるじゃあないですか。

(なんだ、ハウツー本か?)

 

 

さとりちゃん、ゆとりくん

がんばって、そのマイペースな

ユルユル光線で

世の中をかえてくださいʅ(◞‿◟)ʃ

 

 

そして、仕事はガマンしてがんばるもの

から

生きていくために必要で

生活の中にあたりまえにあるもの

になってほしいものです。

(たまにのマトモな発言)

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンカチが。

彼はぜんぜんわるくないとおもう。

勝手にまわりが

「王子」なんてつけるから

王子でもないことを

みんなはすっかりわすれて

勝手にスゴイ人って

位置ずけにしてました。

 

 

王子さま、王子さまかとおもって

テレビのインタビューで

久しぶりにみた彼は

 

 

( ̄▽ ̄;) あれ?

 

 

みたいに

おもってしまったんですよね。

 

 

ハンカチ王子斎藤佑樹選手が

やっとやっと、勝ったみたいで。

 

 

とくに勝ったかどうかっていうことより

ワタシが興味をもったのは

 

 

斎藤王子は

なにをまちがえて

王子じゃなくなったのか。

 

 

高校生のとき、マーくん(悪役)と

戦った王子さまは

とうぜん、やっぱり王子さまだから

最後は勝利で終わって

ばんざーい、だったけど

 

 

それから、王子さまはお姫様と

めでたしめでたし

みたいなドラマティックな

展開は。。。。

 

 

なくて( ̄ー ̄)

 

 

そこからプロに入った王子は

だれも想像してなかった

奈落の底に落ちちゃった

の巻。

ひさびさに、やっとみんなの前に

あらわれた姿は

 

 

( ̄▽ ̄;)あれ?

(だから、やめれ)

 

 

 

王子〜〜、王子〜〜

あれ?王子は、王子、、、

はっ!王子、、だったのね。

 

 

いっぽう、展開的に

悪役にさせられたマーくんは

プロになって大活躍\(^^)/

悪役からヒーローに大変身して

日本一にまでチームをみちびき

 

結婚して、アメリカのメジャーに

入ってからも

まだまだ活躍して

パパになって。

 

あれ?

マーくんが王子だったんじゃん。

 

 

 ワタシはふと

アンデルセンの物語

幸福の王子をおもいだした。

 

 

町を見下ろしていた

王子さま(これは銅像だけど)は

貧しい人たちをほっておけなくて

自分の体の宝石を

ツバメに頼んで

運ばせたんだよね。

王子はどんどん、みすぼらしくなって

最後は自分の目をとっちゃうっていう

できたにいちゃんの王子さま。

 

 

目が見えなくなった王子が

気の毒で

ずっとそばにいたツバメも

南の国に行けなくなって

寒さで死んじゃうっていう。

 

おろろーーーん。・°°・(>_<)・°°・。

 

 

そうか。

これだったんだ。

 

 

ハンカチ王子

ハンカチで自分の汗をふいてたけど

たとえば

監督の汗を

相棒であるキャッチャーの汗を

いや、そんなことでは

まだまだ|( ̄3 ̄)|

 

 

お世話になってる審判の方々!!

ウグイスのおねえさん!!

 

たちの

汗を拭かなきゃいけなかった

のではなかったのか、って。

 

 

でも

ワタシは今の彼に

とっても好感がもてて

 

 

見た目は

ハンカチ王子はハナカミ王子に

なってしまったけど

でも、えらいよ、えらい。

 

 

今も野球をがんばり続けてるって

ことは

だれにもできることじゃないし

 

 

勝手にまわりが王子にしたときとは

ちがって

今度は自分で王子になんなさい。

(ナニモンや?)

 

 

いまこそ、彼を応援したくなった(^∇^)

 

 

タイガースファンだから

ココロの奥底で

応援するわね(だから何様?)

 

 

ハンカチよりハナカミのほうが

需要はある!

フレーフレー

は、な、か、み!

(いいかげんにしなはれ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さわやか金曜日。

きのう、神楽坂に出かけて

すっかりデトックスして

元気になりました(^∇^)

 

 

そして週末金曜日。

 

f:id:jiji51h2:20170602071218j:image

f:id:jiji51h2:20170602071229j:image

 

近所の公園にやってきた(╹◡╹)

 

さわやかあああああーーー!

 

 

さわやかってこういうことなんだわ

っていう風がふいてて

ちょっと今日はいつもより

早い時間に来てみました。

 

 

しかし、年寄りばっかりだな。

そりゃそうだわ。

あとは、悠々自適な

引退オヤジが、犬つれて

散歩してるとかね。

 

 

さて、今日は平日の金曜日

だっていうのに

 

なんということでしょー(ㆀ˘・з・˘)

 

オットが有休とってて

休んでる。

 

 

(ㆀ˘・з・˘)(ㆀ˘・з・˘)(ㆀ˘・з・˘)

 

 

おいおい。

 

 

主婦にとって

楽園ともいえるきちょうな平日を

なんてこったΣ(-᷅_-᷄๑)

 

 

ところで

手に職もなく、老後の人生を

いろいろとかんがえてるワタシですが

 

 

いったい老後って今

どういう意識になってるんだろう

なんて

とりとめもないことを

ふと、かんじたときに

ふと、おもしろいドラマをみつけた。

 

 

シニアには話題になってるみたいだけど

やすらぎの郷

 

 

なんだか介護施設の名前みたいだなって

みてみたら

ほんとに施設の名前で

びっくりした。

 

 

おお、石坂浩二が主演かー。

加賀まりことか八千草薫とか

テレビっ子だったワタシには

おなじみの俳優さんたちで

ググッーっとひとりで楽しんでます。

 

 

ドラマは特別大きな展開もなく

シニアって方たちの

施設での日常をたんたんと描いてて

 

 

でも、むかしのドラマって

こうだったなーなんて

おもって見てます。

 

 

寺内貫太郎一家』とか

ただ、どっかの家の変わらない日常を

おんなじパターンで

みてたよなー。

 

 

どうなる、どうなるって

いうんじゃなくて

決まった日常。

 

 

あ、『渡る世間に鬼はなし』の

バージョンね。

 

 

やすらぎの郷』もそんな感じで

新しい住人がやってきたり

うわさやちょっとした事件やもめごと

とか

ちっともやすらぎじゃないんだけど

 

 

家族だろうが

他人だろうが

人があつまれば何かしらおこって

ザワザワするけど

だからといって1人でひっそりと

だれにも会わずに、しゃべらずに

暮らしていけるかっていうと

それもさびしいっていう

人間のやっかいさが、とってもわかる

ドラマなのです。

 

 

ばばあといっても

本格的ばばあ世代になる60歳からの

人生の準備に

いろんなことを考えてしまうんだけど

 

 

さて、どうなるかな。