女は50を過ぎてはじめておもしろくなる〜A woman does not become interesting until she is over 50〜

勉強もスポーツもがんばらず何となく生きてきた20代、心構えもなく何となく30代で結婚し、40代で何となく人生のアクがでて、50才を迎えて今。このままでいいのか、もうおそいのか、迷える50のばばあが一発奮起して自分を変える旅にでた。せまりくる老いと闘いながら、日々考えることを書きながら自分とむきあっていくブログです。

かならずやハマるから。

むかしむかし

将来なりたかったものに

マンガ家がありまして

 

 

コツコツノートに書いたりした。

 

 

マンガ家を目指すということは

当然、マンガは大好きで

りぼんは毎月購読してたし

もちろんベルバラ、

少女コミックだけじゃなくて

美味しんぼとかメジャーとか

スポコンものも好きだったし

読んでたなー。

 

オトナになってからはなるべく読まないように

心がけるようになった。

 

なぜかっていうと

だってとまらなくなるし

ほぼほぼ、中毒になるのはまちがいない。

アル中の気持ちわかるし。(いやちがうだろ)

 

 

こういう自制は聞くほうなんで

ちょっとだけ読んで

いい頃合いでやめて、とかって上手にできない

ワタシは

もう、ぶっちぎりか完全無視か。

みたいな両極端手法で

コミック本のコーナーを素通りして

きたんだけど

 

次女が生まれたとき

1週間の入院が退屈で退屈で

ふと、病院にあるマンガに手を出してしまった

ことがある。

 

 

その名もスラムダンク

そー、あれよあの名作。

 

 

前から知ってたけど

ちょっと読みだしたらとまらなくなって

消灯までかぶりつきで全巻読破。

入院の1週間までに読んじゃいたかったから

必死で読んで目が痛くなったりして。

 

 

中毒っていう疑惑は

大正解だったってカクニン。

 

 

ムスメの授乳時間も忘れて

呼びだしくらってしまったり

面会に突然来た父親を

読みたいがために早々におっぱらったり。

 

会社に行かないで酒飲んでる

オヤジと変わらない感じ。

 

今思えばサイテー( ̄∇ ̄)

サイテー行為もすべてマンガのせい。

そして恐るべしマンガ中毒。

 

今みたいにスマホもないしって

ことで許してください(・ω・)ノ

(おい!)

 

でもこれがいい経験になって

退院後も育児の最中は

マンガには見向きもしてません。

 

たぶんお金もないのに

大人買いとかしそうなのも

あぶないからね。

 

 

でもいつか

気のすむまでありあまるじかんを

マンガを読みふけることに

使いたいばばあなのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ多いのか。

いつからだったか

おばちゃんって荷物多いなーって

ずっと思ってた。

 

自分は荷物少ないほうだし

このままずっと少ないままの

荷物多いあるあるは

自分にはないとおもってた。

 

 

 

 

はっ( ゚д゚)

気づくといつでも両手に大荷物じゃない。

どゆこと?

いつからこうなったのか

考えると

 

 

ちょっとむかしは

出かけるときに

荷物は少なく、そしてどうしたら

そうなるかを考えてた。

最近っていうと

 

あー、あれとこれと

そうだ!あれもいるか。

いやどうするかな

やっぱやめとくか

でもな。

いちおう持っていこ。

 

というバタバタな下りの中で

お気づきでしょうか。

最後の決めゼリフ、

 

いちおう。

これ。これよ。

おばちゃんになる段階で

バタバタになってくるのに加えて

心配性になってくる。

そして判断ができなくなって

きめられない。

 

そうか。

これがおばちゃん荷物多いあるあるの

なぞかもしれない、、、、

だめじゃん。なってたら。

 

ワタクシ究極のばばあ道、

かっこいいばばあを目指すものとして

これではいかんのですよ。

 

うーーん、しかし

いちど荷物もって安心すると

その荷物置いてくのって

勇気いるわー。

荷物イコールばばあの

戦いですε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

全治1ヶ月

またもや体調不良かって

不吉なタイトルですが

 

ヒザがよくなってきましたよっていう

ごほうこくです。(いらん報告)

 

ムスメたちと体験に行ったのが先月の21日だから

お、ちょうど1ヶ月(^O^)

 

こんなにピッタリ治ってくるものかと

驚きだけど

驚きとうれしさでウッキッキーという

かんじです(どんな感じよ)

 

ぜったい治るとは思ってはいたものの

暑い日もあったり

行きたいとこも行けず

イライラ禁止なのでそこもおさえて

生きてました(おおげさ)

出かけるのを制限してたんで

そんな時間をまぎらわすため

読書してたけどね。

 

まだまだ油断大敵だけど

ヒザに水がたまったらまずは

あたりまえだけどじっとしとく。

できるかぎり。

 

そしていろいろ試した結果

しかたなく歩いて痛くなったあとで保冷剤で

ヒザを冷やすのが効果アリでした。

 

もうキックボクシングは

やんない。

ヒザ酷使するのもやんないって

ココロに誓いをたてるのであります。

アーメン(。-_-。)

 

 

ところで

ヒザ治療のあいだに家族が次々と

風邪ひいてた中

虚弱体質自慢のワタシはぴんぴんしてて

おかしいなあ、ってよく考えてみたら

ヒザのむくみをとる漢方が

よかったみたいです。

ラッキー。

 

あの寒暖差にはなみずもたれず

この老体ががんばれるなんて

ありえないんでね。

 

それでは今日は調子にのって

出かけないために

フィットネスで泳ぐという

倹約コースをえらんでみました。

 

今週たえられるか。

爆発寸前のばばあです。

 

暑くて避難する

ワタシの勤務時間は

昼の1時までなので

1日で一番暑い時間ということは

うすうす気づいてたけど

 

まあ、夏までまだあるしー

どうするかなー

考えとこー

とかなんとか言ってたらいきなりのこの暑さ。

 

き、き、きつつつつ。。。。

 

1日目は何とか。

しかし2日目、3日目って

今日金曜日は体力もそぎ落とされて

帰りの20分の電車で

催眠術にかかったようにグラグラに

揺れて寝てしまった。

 

帰り道のコンビニに用もないのにフラフラ入ったり

スポーツセンターや図書館に

やたらとよってます。

寄り道ばばあ、なかなか家にたどりつけない( ;∀;)

 

最後は最寄駅のフィットネスに

入ってプールに飛びこみ

サウナで汗だし

あれ?なんでサウナは耐えられるんだ?

まあ、それはそれとして。

 

仕事おわりの炎天下が

これほどキツイとは思わなかったヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

だからって夕方まで働きたいとは

思わないけど(働いてー)

 

 

こうなったら夏は計画的寄り道で

帰ったほうがいいんじゃないか。

十分にダラダラしてから

家に帰ったらすぐにテキパキ

家事をこなしたほうが

家族の方たちにも好印象じゃん。

 

もくろむワタシ|( ̄3 ̄)|

 

ちょっと前に

ありのままがどうとかこうとかいう

歌がはやったけど

 

ありのままじゃダメなんだって

最近知りました( ̄^ ̄)

健康優良児ならぬ自然体中年ばばあの

ワタシです。

 

もう体質だから治らないかと思った。

はっはっはー。

 

あ、治りはしないけど

かっこいいばばあをめざすからには

そこはちょっと改良します。

 

 

夏はもうすぐ。

まわりはバタバタたおれてるけど

みなさまどうかお大事に。

 

 

 

 

 

 

 

よろつく年ごろ

昨日のブログの事件から

自転車を追いぬくのこわくなった今日このごろ。

 

6年前に東京にきて以来

しばらくは人の多さにいっつも

よろめいて歩くのもやっとで

ヘトヘトに疲れてたような気がする。

 

 

最近は人ごみの波を乗りこなせるようまで

なってたのに

このヒザ痛のせいで

歩いててもゴボウ抜きにされるし。

 

ちっ。

 

とはいえ

このまま漢方飲んでても治らなそうだし

いろいろやってみることに

しました(おそ)

 

まずはひざサポーターを

この際買う。

バンテリンとか。いいやつを。

 

あとは氷で少し冷やすといいらしい。

 

一番いいのは動かさないこと。

でもこれはムリなので

サポーター買って毎日装着して

会社行くことにした。

 

そろそろ負傷してから

1ヶ月が経つけど

なかなか治らないやっかいな

ひざ痛です。

まさかの暴走

ばばあ、ばばあって連呼してるけど

世の中てきには

ばばあランクはまだ下のほうだと

おもってます。

 

ボーダーばばあ、完全形ばばあ

そしてつぎの

ばあさんグループにかぎりなく

近いばばあと

ばばあ分類はあるのです。

 

そんなある日

買い物で近所のスーパーにいこうと

チャリを走らせてると

ふいに路地からひとりのばばあが。

これは完全形ばばあです( ̄∇ ̄)

 

予想どおりフラフラなチャリ運転で

ワタシもえらそうにいえるほどの

スピードは出してないけど

男の人の早歩きにぬかされるんじゃね?

のクラスです。

 

仕方ないから歩道の人たちがいなくなったのを

みはからって

完全形の横にまず並んで

さてぬかさせていただきま、、、

と、その瞬間

完全形はちらっとこっちのほうを見るなり

今までのよろよろ運転はなんだったっていうくらいの

勢いでもうれつにこぎ出した。

 

ワタシもそのときはそこそこのスピードだったんで

狭い歩道でばばあとばばあの自転車レースが

始まってしまって

前から歩いてきたおっちゃんは

マンガの!(◎_◎;)こんな顔になってて

いきなりはじまったレースに面くらった。

 

もし

ちょっと前のネガがみなぎったワタシだったら

 

おりゃーーー!クソばばあ

ぬかされてたまるかーーー!

 

みたいになってましたが

たまたまおだやかモードだったんで

スルスルとレースを放棄。

 

しかしこわかった( ;∀;)

あんなよろよろでも

なめちゃあいけないね。

 

カジバノソコジカラっていうけど

ばばあのそこじからに

完全な敗北を感じたのでありました

それでもハワイ

ハワイに行きたくてもそもそも

いけない憂さ晴らしに

ハワイ番組をかたっぱしから選んで

見まくってるワタシですが

 

 

なぜかハワイ番組は

パターン化されてて

面白いのは木梨憲武

「木梨目線」だけかも。

 

これもなぜかこんなにおもしろいのに

DVDにもなってなくて

最近は一年に一回きりしかやらないし。

 

そのうえ、そのうえ

今年はなぜかこんなに大事な番組を

チェックし忘れてみのがすという失態。

 

 

まあ、やってないもんはしかたないって

ことで

めげずにチェックしてると

稲森いずみくみっきーという

中途半端なメンツがハワイに行く

ビューティーな旅っていうのをやってたから

みてみましたよ。

 

 

いきなりまずはくみっきー

あらわれる。

あれ?稲森は?と思ってると

具合の悪そうな顔でフラフラ登場。

 

これは直感だけど

このかた絶対ハワイはキライだとおもった。

ていうか、全然気乗りしないお仕事か。

 

くみっきーはほんとかウソか

ずっと稲森に憧れてたんだって。

だからもう、そもそも気分が乗らないのに

ハワイ来ちゃった稲森ちゃんを

持ち上げ上げまくる。

 

そうこうしてると

ほめられまくってちょっと気分が良くなったのか

稲森ちゃん、今年の抱負をかたる。

 

「今年は、日差しを浴びたい。」

 

ワタシはかくしんしたね。

やっぱりこの人、去年まで陽に当たるの

イヤがってたんですね。

陽に当たるのが嫌いな人が

ハワイにくるんかーい( ̄^ ̄)ゞ

 

とテレビにむかって叫ぶワタシ。

 

ハワイが嫌いな人がハワイの番組やるなんて

前代未聞だから

期待して見てると

 

くみっきーが一生懸命盛り上げるも

稲森が盛り下げる

この繰り返しで番組はすすんでいき

 

途中でロミロミマッサージされてる

くみっきーはほんとうに疲れてるみたいで

ちょっと稲森あつかいが荒くなってきたところで

いよいよ最期のディナーに

花火の見えるレストランでステーキ。

 

くみっきーの努力は相当だったけど

稲森ちゃんが盛り上がることはなくて

早く日差しのないところに行きたい感

満載で

おそるおそる

「ハワイはどーでしたかぁー」と聞く

くみっきー

こわかっただろーなー(T_T)これ聞くの。

 

「よかった」

 

え?よかったんだ。

まあ、ハイテンションな番組が多い中

ひっそりと滞りなく番組を

終わらせたキミはすごいけど

 

花火が上がって

今までローテンションの稲森さん、

珍しくきゃーっとさけぶ。

ほんとうに花火はうれしかったみたいで

なんと涙ぐんで

「泣かない、こらえる」

とわけのわからない努力をしてた。

 

ほんとうに面白い番組だったわ。

 

涙ぐむ稲森いずみをみて

笑いだすくみっきー

 

キョーフの場面:(;゙゚'ω゚'):

 

くみっきーあんた絶対稲森ファンじゃないね。

ファンでもない人を仕事とはいえ

持ち上げ続けてがんばったくみっきー

陽に当たる覚悟でハワイに来て

この花火でやっと日差しからのがれられると

涙ぐむ稲森いずみさん。

 

これは仕事に生きる女たちをつづった

番組だったのか。

 

不思議で面白い番組だったけど

もう一回かぎりでけっこうです。