読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女は50を過ぎてはじめておもしろくなる〜A woman does not become interesting until she is over 50〜

勉強もスポーツもがんばらず何となく生きてきた20代、心構えもなく何となく30代で結婚し、40代で何となく人生のアクがでて、50才を迎えて今。このままでいいのか、もうおそいのか、迷える50のばばあが一発奮起して自分を変える旅にでた。せまりくる老いと闘いながら、日々考えることを書きながら自分とむきあっていくブログです。

そういうもんなんてない。

反抗的なタイトルですが、

 

 

今日は長女、そう

二浪の浪人生、A子の

ウンメイの合格発表〜〜*\(^o^)/*

 

 

大丈夫だとは

ふんでますが

まさかの展開もあるあるな

試験なんで

わかりません。

 

 

こんなことはドラマティックな

展開にならなくて

いいんだけどね。

 

 

そもそも、自虐的に二浪って

言ってるのでは全然なくて

 

 

開き直ってるわけでもなくて

本人もなっとくの

二浪です。

 

 

まあ、二浪っていっただけで

なんだか気の毒そうに

扱われるんだけど

 

 

気の毒なんてさらさらなくて

20年もたってない

人生で

将来をトントン決められない

ことなんて

あたりまえだってことです。

 

 

うちでは2年間かけてたから

今の答えがでて

ばんばんざいって

いってます。

 

 

世間や同級生とか、学年とかを

気にしなければ

すーーーっとラクになるのに

まわりはみんな

苦しそうだなって

KYばばあ、思うんです。

 

 

二浪にもどんびかれるのに

受験を1つしかしない

つまるところ、

世の中の流れ

➡︎現役合格

 

わが家の決定

➡︎二浪で志望校はひとつ

 

 

という、わが道を行くっていう

話しをすると

誰も彼もが

ええ?!!

っと大声でおどろくから

やはり、流れには思いきり

逆らった選択してるのは

確かだなっておもう。

 

 

それがなにか?って話です。

 

 

二浪が気の毒なのか?

二浪した上で、一校しか受けなくて

落ちたら人生終わりなのか?

 

 

大人になったときに

そういうもんだって

親にいわれてたことが

ことごとく違ってるんだって

思って

それなら、まわりとちがってても

自分が納得した人生を

選んだ方がいいって思って

それを子供につたえてます。

 

 

なんてことしてくれたんだって

あとで子供にはいわれるかも

しれないけどね。

 

 

周りの流れにのって

後悔するより

自分が選んで失敗して

後悔する方が

誰のせいにもできずに

成長できるから

やっぱり子供たちには

自分で自分の人生を

決めて進んでほしいです。

 

 

そして、たくさんの失敗をして

命を保って生きていくこと

そのためには食べること、

食べるために働くこと

働くために学ぶこと

そういうもん、っていうんじゃなくて

そうすることの必要性を

感じていってほしいかな。

 

 

 

あ、えらそうに言っちゃって

ワタシ自身、なんもできてないんで。

 

 

そして、どーんといけみたいに

言ってますが

今朝、近所の神社に

こそこそ、5円玉握りしめて

お参りしてるんで(>人<;)

 

 

思いとうらはらな

ばばあです。

 

 

何が正解なのか

いちばんいい、選択なのか

そんなもんはないのに

探しつづける

迷える子育ての旅です。