読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女は50を過ぎてはじめておもしろくなる〜A woman does not become interesting until she is over 50〜

勉強もスポーツもがんばらず何となく生きてきた20代、心構えもなく何となく30代で結婚し、40代で何となく人生のアクがでて、50才を迎えて今。このままでいいのか、もうおそいのか、迷える50のばばあが一発奮起して自分を変える旅にでた。せまりくる老いと闘いながら、日々考えることを書きながら自分とむきあっていくブログです。

いなかのネズミ。

雑談

東京生まれではありますが

転勤族で、大阪も経由してるんで

東京を数十年離れてたワタシです。

 

 

数十年前の感覚で

こっちにもどってきて

関西しかしらない家族に

ここはさあーƪ(˘⌣˘)ʃみたいに

東京出身をブイブイいわそうと

したけど

みごとに玉砕しました。

 

 

以前住んでた

中目黒は

みごと、おもかげすらなく

知らない街になってたし

 

 

駅前に恵比寿像しかなかった

恵比寿も

仰天のオサレタウンに|( ̄3 ̄)|

 

 

うそだ、うそだ

ここは?ここなら。。。

 

 

よく考えたら

二十代に住んでたんだから

30年たってて

変わらないわけないじゃん( ̄^ ̄)ゞ

と思うんだけどね。

 

 

先日、福岡から友人が来て

彼女も町田出身なのに

東京の変貌に

度肝をぬかしてたε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

 

 

度肝を、っていうか

すっかり福岡の人になってて

エスカレーターは横並びに

並んでしまったり

オープンカフェの空いてる席に

休憩しよーって

誘ったり。

 

 

最後に、改札に見送りに

行くときは

東京は無駄にモノが多すぎる!

と、なげいてた。

 

 

ほんとにそうだな、と

ばばあ関心しました|( ̄3 ̄)|

 

 

今も、税務署の帰りに

そこそこ、ローカルな町なんだけど

焙煎のコーヒー飲める

店でこれ、書いてます。

 

 

普通の商店街に

オープンしたみたいなんだけど

すごくいいとこだけど、

ほんと、何でもあるなーーと

彼女の言葉に

いろいろ、たくさん満たされてること

すっかり忘れてる自分を

思い出したりしてます。

 

 

懐かしい東京は

あの頃より、パワーアップして

すげーすげー(げひん)って

思ったけど

 

 

数年住んだら

「それがなにか?」みたいに

なってました。

 

 

 

みんな、そうなるんだろうけど

モノにあふれて

満たされてるけど

充実感のないこの感覚は

なんだろうなーって

考えます。

 

 

やっぱ、ワタシは

「いなかのネズミ」なんだろーなー。

 

 

都会のネズミ、いなかのネズミは

どこでその素質が

きまってしまうのか

と、思うけど

 

 

ひろーい公園で

おにぎり食べてるシアワセが

ワタシの幸せなんで

コーヒーは美味しいけど

天気もいいし、でかけるかなっと。