読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女は50を過ぎてはじめておもしろくなる〜A woman does not become interesting until she is over 50〜

勉強もスポーツもがんばらず何となく生きてきた20代、心構えもなく何となく30代で結婚し、40代で何となく人生のアクがでて、50才を迎えて今。このままでいいのか、もうおそいのか、迷える50のばばあが一発奮起して自分を変える旅にでた。せまりくる老いと闘いながら、日々考えることを書きながら自分とむきあっていくブログです。

年令をかさねると丸くなる?

おとうさん、まるくなったわあ。

 

 

なんて

むかしはブイブイいってた若者が

なんだかじじいに近づくと、

キツさが取れて、まあるくなったようなあれって。

 

人生のアラナミこえていくと

人にもやさしくなるような、これって

さっかくだとおもいます。。。

 

 

だって

横山やすしが蛭子さんにはならないし。

 

 

もし、そうみえたなら

そのやすしはきっとどこか具合が悪くって

弱ってるんだとおもう( ̄▽ ̄)

 

 

じっさい

ワタシの亡くなった父親

年をかさねるごとに荒れ狂って

暴言はいて

イライラして家族にあたりちらしていたような気がする。

 

 

そういうパターンはじーさんにありがちなんだけど

なんたっておっさん化してるワタシは

ばばあでありながら、おっさん化してるってことは

将来荒れ狂う、おおあばれじじいになってしまうかも

っていう不安が頭をよぎったりするわけで。。。

 

 

今のうちになんとか思考パターンを修正しておかないと

って、いろいろ考えてみました。

 

 

つまり、なんにも考えずに

じじいになってしまうのと

普段から、ちょっとしたいらつきを

どうにか処理しているのとでは

きっと年をとってからちがうはずだ!っていう

勝手な根拠のないおもわくなんだけど。。。

 

 

「怒り」ってすごくエネルギーがいるとおもうんですよね。

うーーーん、たとえば「ばけらった」。

 

 

おばけのQ太郎の弟、O次郎(ドラちゃんより前のアニメ。50代は知ってる)

「ばけらった」しかいえないOちゃんは、小さいんだけど

ものすごい武器というかワザがあって

顔をまっかにして

 

ばけらった~~~!!!!!!

 

(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

 

と、怒ったとき、まわりのいろんなもんが

ぶっとんで、すごいパワーになる。

 

 

これを見てた記憶から、人間も「怒り」って

そもそも、エネルギーの無駄使いじゃね?って

反省したりした。

 

 

あとは、人間がまだまだ小さいんだな、と

自分の器のちいささを反省するとかね。

 

 

それでも、日常生活のなかで

ちょいちょいとおこる

ちょっとしたいらいらやムカつきは

あんまりため過ぎずに、適度にどこかにはきだして

早めに気分良くなって

 

 

60才にはかっちょいい

おっさんおばちゃんになってればいいなーと

おもうのでした。

f:id:jiji51h2:20160910163610j:image