女は50を過ぎてはじめておもしろくなる〜A woman does not become interesting until she is over 50〜

勉強もスポーツもがんばらず何となく生きてきた20代、心構えもなく何となく30代で結婚し、40代で何となく人生のアクがでて、50才を迎えて今。このままでいいのか、もうおそいのか、迷える50のばばあが一発奮起して自分を変える旅にでた。せまりくる老いと闘いながら、日々考えることを書きながら自分とむきあっていくブログです。

サクラフブキの猛攻。

今年は桜満開がおそかったおかげで
春休みもおわった
ゆったりした中で
お花見ができました♪( ´θ`)

f:id:jiji51h2:20170414130440j:image

f:id:jiji51h2:20170414130455j:image

さくらといえば、うすピンクだけど

この白いさくら、けっこう好きかも。

ヤマザクラだって。

f:id:jiji51h2:20170414130721j:image

f:id:jiji51h2:20170414130504j:image

お(・Д・)

白いさくらの中に

濃いピンクがぽつり、ぽつり

咲いてるのを発見( ̄▽ ̄)

 

 

ゼンタイにピンクじゃないから

いや、桜はやっぱりピンクじゃなきゃね

みたいな小さい自己主張みたいで

つい、笑ってしまった。

 

 

天気がいいと

家事もあとまわしで

アウトドアばばあ、イン ザ パーク。

 

 

公園に来る道は

桜の木がたくさんあって

猛吹雪におそわれました(>人<;)

f:id:jiji51h2:20170414131359j:image

f:id:jiji51h2:20170414133146j:image

うつるかなーーー。。。

 

うすピンクだから

景色にとけこんでうつらないかもね。

 

 

最近は何かと写メ、写メって

とりがちなので

ここは見るだけにしとこーって

写真に撮りたいきもちを

グッとがまん。

 

 

しようかとおもったけど

がまんならず

信号待ちだったし

カシャっと。

 

 

新しい生活が始まって

その中でも劇的に変化した

長女は

 

 

早くも人間関係の

トグロに巻きこまれて

悩み中。

 

 

2年間も外部の人と接触しなければ

当然っていえば、当然ですが

ザ、マイペースをたもてない環境に

相当いらいらしてる。

 

 

今はどうなのかなー。

よく知らない人でも

とりあえず、スマホでつながって

何だか1人じゃない気分になるから

あえてめんどくさい

人間関係には

手はださねーぜ、ってとこでしょうかね。

 

 

元祖KYなワタシは

当然スマホもない時代で

ぶち当たって知り合い作るしかない

時代だったから

そりゃあ、そりゃあ

失敗の連続で

悪気はないのに傷つけたり

いきなり傷つけられたり

悩んで、悩んで

やってきたけど

 

 

今の時代は、便利だけど

ホンネのところは隠してが前提で

あんた、そりゃあオトナのつき合いじゃ

ないんだから、って

長女を見ていておもいました。

 

 

 

相手がホンネ出さなかったら

自分も出せないよね。

 

スマホのせいで

人間関係を学ぶ場所がなくなってるぜ。

 

 

どうしてくれるよ

スティーブ ジョブズ

 

 

今はのんびりムードの公園だけど

明日の土曜日は

にぎわうんだろうな。

 

 

もう少しで

ゴールデンウィークですよー|( ̄3 ̄)|

 

 

みなさん、がんばろー( ̄^ ̄)ゞ

(おまえもな)

 

 

 

 

 

 

あったかーいていうか暑いし。

春休み終わり。

 

 

ながーいトンネルをやっとぬけでた

浪人生A子こと、長女は

晴れて大学生ってなのれるようになり

そそくさと、履修科目に頭を抱えながら

日々、かよっています。

 

 

次女は、余裕の高2になって

オットをときふせて

4月からフィットネスに

通うことになったりして

 

 

オットはというと

大学の学費、フィットネスの会費

家族の生活費をかせぐために

フラフラになりながらも

がんばって仕事にいってます。

 

 

で、ワタシは。

 

 

ただいま、近所のおいしいパン屋で

お昼をたべてるとこ

 

 

なにやってんだー!

おいおいおいおい。

 

 

家族ががんばってるっていうのに

役にたたないばばあなんて

そのうち捨てられるかも。

 

 

キレイなおねいさんは

いるだけでいいけど

役立たずのばばあなんて

ただのばばあだからね。

 

 

友人たちのパートの話を

聞いてると

よっぽどの何か付加価値がないかぎり

重労働か、坦々と長時間こなす

仕事しかない世の中で

 

 

付加価値のないワタシは

付加価値になるかわからないけど

なるべく努力して、仕事をみつけよう

としてるんだけどね。

 

 

それには時間がかかるし

すぐに寝ちゃうし

すぐにくじける。

 

 

家族ががんばってるおかげで

また、やる気はでます( ̄^ ̄)ゞ

 

 

マンションの隣の歯医者で

パートの募集がはってあったりすると

ついつい、手がでそうになるけど

ここは、ガマン。

 

 

今まで手っ取り早く生きてきたんで

最近は人手不足で

あちこちにヨダレが出そうな

パートの募集があるんだけど

見ない見ない(>人<;)って

ガマンしてます。

 

 

そのストレスを勉強にいかすのだ!

がんばれ、50才\\\\٩( 'ω' )و ////

(応援いらず)

 

 

 

春休みまっただ中。

先週の金曜日から

ばばあのばばあ、

ワタシのハハが遊びに来ていて

 

 

バタバタです。

 

 

 

 

ブログは明日から

 

 

かな。

 

 

人口が1人増えただけで

こんなにも

バタバタするものなのかヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

 

 

はあああーーーーー。

オットのすごさ。

夫婦円満のひけつは

妻が夫を尊敬することらしいけど

 

 

ワタシの周辺には

そんなツマはみたことない。

 

 

だからって、態度にも言葉にも

あらわさなかったのは

ワタシだけで

 

 

かしこいツマたちは

尊敬してないけど

尊敬してるってことを

ちゃんと演じていて

気分良く、夫を

働かせていたなんてヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

 

 

アホなワタシは

尊敬どころか、いたわりもなく

素のままで妻をやっていたわけです。

ナチュラル ワイフ)

 

 

まじかヽ(´o`;

まじです(・ω・)ノ

 

 

そりゃあ、だめよ。

そりゃあ、オットさんは

クタクタだわ、

気の毒にって声が

聞こえてきそうですな。

 

 

そのとおり

 

ಠ_ಠ  ううーーーーん。

 

 

 

で、こうなったら

 

 

オットを尊敬しようじゃないか!

なにか、そんなとこを

見つけなきゃって

 

 

良いツマを演じるなんてワザは

ゼッタイできないので

尊敬できるとこさがしの旅。

 

 

日々、くまなく

オットの行動をチェック

(¬_¬)

 

 

あ、言っておくけど

だれかのことをチェックするなんて

ほぼ、したことないんで。

ていうか

ひとのこと見てない。

興味ない。(みれ。)

 

 

なもんで

このくらい意識して

アンテナたててないと

できないことです。

 

 

ううーーーん。

小さいことならあるにはあるけど

尊敬ってなると

どかーーーーんって大きなことじゃ

ないとねぇヽ(´o`;

 

 

そう簡単には

できないわぁー。(そもそも、やる気ある?)

 

 

そして、ある日のこと。

 

 

会社からめずらしく早く

帰ってきたオットは

顔がゆがんでた。

 

 

「どうしたのー?」

 

 

「歯がとれた(T_T)

かぶせてたやつが(T_T)

キャラメル食べたらとれた(T_T)」

 

 

ええええーーー!

反対側の歯で噛むことをすすめたら

すでにそっちはとれてて

使いものにならないらしい。

 

 

オットは医者にはほとんど

かからないツワモノで

というか

単なる医者嫌いで

ワタシのうっすらな記憶でも

結婚生活20年で

2回くらいしか行ったのはしらないし。

 

 

その2回とも

ハズレな歯医者にあたって

散々な目にあって

ブチギレて

さらに、足が遠のいていた。

 

 

そんなこともあるから

いよいよ、こりゃあ歯医者に

行くしかないわね〜、

オットも年貢の納め時だなって

うっしっしー(ㆀ˘・з・˘)

なんてことを考えてたら

 

 

「ちょっと治すわ」

 

 

て、あんた

いつから歯医者になったんだ( ̄^ ̄)

いくら、器用でも無理があるって

とはいわず

なかば、あきれながら

1時間経過した。

 

 

その間に

何回かもどってきて

ご飯を口に入れては食べ

「あ、あかんわ」

といって、洗面所に走るってぐあいで

 

 

さきにご飯を食べた

ムスメとワタシは

どうなるかね〜〜って

いないときは、クスクス笑って

様子うかがいしてたら

 

 

な、な、なんと

治してしまったではないですか( ̄◇ ̄;)

 

 

これにはまいった。

ペンチで調節しながら

1時間もかけて

歯医者にも行かずに。

 

 

これだ!これだわー(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

すごいよ、あんた。

 

 

あなたまわりに

自分で歯のかぶせを治した

人がいたら

教えてほしいです。

 

 

尊敬ポイント

1点。ピーンポーン。

(何点ためる気だよ)

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろのっかれない。

現役合格あたりまえの時代に

二浪で受験した大学は

一校のみ。

 

 

ていう

なんていうか、こうも

世の中の流れにのっからない

逆行する勇気を

ある意味ほめてほしい

うちの家族。

 

 

性格はちがうけど

そこだけは

そうだ、そうだ|( ̄3 ̄)|

他人なんかきにすんなーって

一致してる夫婦だから

 

 

こどもはたまったもんじゃない。

どうがんばったって

世の中に出て行ったときに

アタマぶつけてしまうかも

しれないですが。

 

 

それでも、ワタシはやっぱり

こういうもんだっておもってることでも

そうじゃないって思ったら

やるべきじゃないって

こどもに言ってます。

 

 

大学も決まったということで

いそいそと入学式の

スーツを買いに行ったときのこと。

 

 

もう、待ってましたとばかりに

就活のためのスーツが

ずらり。

就活スーツと入学式のスーツが

どうちがうかってことは

もう、どうでもいいんで

チラチラ、長女と物色してたら

若造くんの店員が近づいてきた。

 

 

「就活ですか?」

「あー、いえいえ入学式のスーツを、」

「ああ!(^o^)/おめでとうございまーす」

「(¬_¬)あ、あ、はははは。ドーモ」

「おすすめは、これですね!」

 

まだ、なーんにも言ってないのに

おすすめされて

おすすめ理由を聞いてみたら

色が違うらしい。

ていうか、黒が濃くって

いいらしい。

 

 

ん?黒が濃い?

( ̄◇ ̄;)

で、それがなにか?

 

 

みたい会話がかみあわなくなったんで

ツッコミを専門としてる

ワタシは

さっそく、若造くんにつっこむ。

 

 

「色が濃いっていうのはなにが、、、???」

 

若造くん、得意げにこういった。

つまり、つまり

就活でもこのスーツを着た場合

集団面接で、ズラリと他の

大学生と並んだときに

色が濃いスーツが、やはりいいですよ

ってこと。

 

 

たぶん、うちじゃなかったら

そーねー、〇〇ちゃん、やっぱり

面接官には、濃いスーツがねーーー。

とかなるんだろうけど

相手が悪かったね。

 

 

濃いスーツ?

はあ?

 

 

じゃあ、なに

面接官は、態度やなんやじゃなくて

ああ、この子は濃い色のスーツだから

ちゃんとしてるじゃないか!って

内定くれるわけかい?

(や〇ざのばばあ)

 

 

そんな会社、そもそあかんやろがああーーΣ(-᷅_-᷄๑)

 

 

とはいわなかったけど

とりあえず、新卒に毛が一本くらいの

店員に

言ってもしょうがないので

スルーしてたら

 

 

「あのー、パンツのひざ下のラインは

   大事なんです!」

 

と、いってきた。

 

 

たしかに、そうだけど

またそれも、面接官の心象にからめるか

っておもったら

やっぱりからめてきて

半永久的にラインがピシッとなる

有料のサービスを勧めてきた。

 

 

あんたがオッサン店員だったら

ブチギレたけど

なんせ、新卒に毛が生えてるくらいだから

おばちゃん、弱いものいじめは

ポリシー反するからしないよ。

 

 

これまた、スルー。

 

 

けっきょく、試着してる長女もさっぱり

わからないから

ほとんどワタシの独断で

濃くない方の海外物の

スーツの三点セットに

きまりました。

 

 

若造のセールス作戦は

もろくもコッパミジンにくだけて

ちょっとガックリうなだれながら

お会計してくれて

 

 

レジのところにいくと

なぜか、レジの台に靴下の山。

 

 

お客が来るとこに、なんだろ?

かたずけてないなんてと

けげんにみてたら

 

「あ、靴下はどうですか?」

 

と、元気がない声で

靴下のセールス。

よくみると、一足10円てかいてあるし。

 

 

「おやすいですよー。」

 

と、若造くんさっきのセールストーク

半分の声でのセールス。

 

 

全然欲しくなかったけど

さすがにこの声に気の毒になって

いらない靴下を3足、30円買った。

 

 

まあ、彼の努力の甲斐もなく

すべて拒否したんだから

30円はセールス努力をみとめて

これからもガンバレっていう

おばちゃんのき・も・ちですよー。

(それより、スーツ買って)

 

 

 

お買いもの事情。

さて

静かなひとり時間をどう過ごそうか。

 

 

さいきん、集中して

書きたいときになかなか

書けなくて、ストレスに なりつつあったんで

よっしゃーー、

ブログ100連発ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

 

 

うそ。

 

 

この春にはいろいろ

トライしようと

計画をもくろんでるワタシ。

 

 

50歳を過ぎて

気持ちはまだまだ、やる気なのに

カラダのあちこちに

不具合ができて

無視して通りすぎるわけにも

いかず

はいよ、って感じで

その、不具合ともおつきあいしながら

過ごしてる日々。

 

 

春がくるっていうのに

うつうつとネットショッピング

してたら

高額スニーカーを買ってしまった|( ̄3 ̄)|

 

 

もちろん、家族にはナイショ。

親戚にもらったってことで

ドキドキしながら

高額スニーカー履いてるばばあ。

 

 

下着からコートまで

最近は、興味がなくなったとまでは

いかないけど

働いてもないし

家着的な楽チンなものしか

着てないし

しまむらやジーユーに行って買っても

なんていうか。

ドキドキ感がなかったなーと

思い返した。

 

 

ドキドキ感っていうと

恋愛感情とおもいがちですが

はじめて行く街とか

はじめて会う人、はじめての体験もそうだし

いろいろと

ワクワクすることが大好きなもんで

それも、ご縁がない毎日で

高額スニーカーに手をだしたのかもしれない。

 

 

膝の関節が、靴底がうすいのを

はいて歩くと

けっこう痛みがくることがあって

こりゃ、靴底の厚いスニーカーがいるな

ってはおもってたんだけどね。

 

 

それにしては、ちょっとお高いのを

買ってしまいました(反省ザル。うっきーきー)

 

 

はくたびに

高い靴、高い靴って思うから

ドキドキして

なんだか、近所に買い物に行くだけなのに

挙動不審ぎみ。

 

 

お座敷って通されたら

入り口に脱ぐときは

どうするか。

 

 

うーーん、ちょっと心配。

 

 

いやいや、ここでなくならないだろ。

 

 

とも言い切れないし。

なんてたって、高額スニーカーだし。

 

 

いっそのこと持ってはいるか?

 

 

いや、それはもっと変だろ。

 

 

スニーカー専用の

シューズバッグ持参。

 

 

こわ。

 

 

とか

家にいてはいてないときも

もう、スニーカーことで

あたまがいっぱい。

 

 

なんてヒマ。

そして、あほ。

 

 

 

 

ひとりの夜。

なんと

こんなことって

めったにないんだけど

 

 

いま、おこたでひとりです( ̄ー ̄)

(正確にはコタツに1匹)

 

 

わーいわーいわーーーい♪( ´θ`)

 

 

テレビもつけてない

しーーーん、ってした

夜のひとときって

なんだか、ちょー新鮮です。

 

 

専業主婦人生では

家が職場でもあり(そんなに家事してないだろ)

家族のために、日夜努力を

積み重ね(だれ?だれが?)

 

ふーーーーっと、

1日がおわって、ひと息。

(しっかり昼寝してるから、さえまくってる時間)

 

 

こんなふうに

ひとり時間はめったにないんだけど

なんだか、いいわー。

 

 

オットは仕事で疲れて

早々とふとんに

 

ムスメらも

なぜだか部屋に。

 

 

音がない世界を

たのしんでるばばあです。